診療案内

  • ホーム
  • 審美歯科・ドライマウス

審美歯科

お悩み

審美歯科とは?

審美歯科とは、美と健康のバランスのとれた理想の口元にする総合的治療のことです。口元は目元と同様に、人の第一印象を決める大切な所。 歯並びの良さや綺麗な白い歯は、相手に好印象を与えます。そんな口元に歯並びが悪い、歯の大きさが揃っていない、歯の色や歯茎の色が悪い、 入れ歯があわず食事がしにくいといった悩みに対し、歯の美しさとお口の健康に焦点を当てた治療のことです。

白い歯や綺麗な歯並び、そして虫歯予防にも効果的であるなどなど・・・ 審美治療は見た目を美しくするだけでなく、機能性も兼ね備えた治療方法なのです。

審美歯科と保険について

健康保険制度は、国民全員が等しく治療を受けることができる制度です。その反面、保険適用の歯科治療においては「かめる」 という最低限の機能を取り戻すことに主眼が置かれているため、使われる材料や治療方法は20年から40年ぐらい前のものに限定されています。

このため、「自分の歯と区別がつかないような治療をしたい!」「芸能人のような透きとおる歯にしたい!」という「美しさ」を 追求するご要望には保険が適用されない全額自己負担での治療を受けていただくことになります。

では、全額自己負担の審美歯科治療と保険適用範囲内の治療ではどのような違いがあるのでしょうか。以下、ご説明します。

見た目の美しさ

患者さまにとって一番わかりやすいのは、経年劣化(けいねんれっか)とよばれる治療経過後の見た目の変化だといえます。その違いは写真で確認いただくと一目瞭然です。

レジン(保険)とセラミック歯(保険外)の経年変化の比較

経年劣化

保険治療ではレジン(プラスチック)が用いられます。
それに対して保険適用外の審美歯科治療では、セミラック(陶器)やジルコニアといった材料が使用されます。

レジン(プラスチック)は性質上、食事をするたびに水分を吸収してしまうため、時間の経過とともに見た目が劣化してしまいます。 一方、セラミック(陶器)は見た目が劣化しないことが最大の特徴です。

また、患者さまにとって分かりづらい部分で、是非とも歯科医師として主張しておきたいのは、審美歯科治療は見た目の美しさだけではなく、 「虫歯再発リスクの低下」、「体への優しさ」にもつながるという事実です。

?

審美歯科治療が虫歯の再発のリスクを低下させる

虫歯治療をした歯は人工のかぶせ物をしているため、「歯」と「かぶせ物」にはどうしても目に見えない程の「隙間(すきま)」が生じてしまいます。 そこから虫歯菌が侵入し、むし歯が再発するリスクが非常に高い事実があります。

こうしたことを避けるために我々歯科医師としては、人工のかぶせ物のすき間をぴったりと埋めようとしますが、保険の材料ではこうしたことに限界があり、 せっかく治療した歯も数年すると再治療になってしまうケースが圧倒的に多いといえます。

しかし、保険適用外の治療では、かぶせ物と歯の間をぴったり埋めることが可能となりますし、それだけの時間もかけることができます。 結果、保険の材料と比べ虫歯再発リスクを最小限に抑えることが可能となるのです。

また、セラミックの性質上、汚れがつきにくい特徴を持ち合わせていることも虫歯再発リスクの低下に貢献することになります。

審美歯科治療が身体への優しさにつながる

保険適用範囲内で認められている、いわゆる「銀歯」は、見た目に違和感があるだけではなく、金属イオンが体内に流出することで身体に悪影響を及ぼすことが知られています。 金属イオンが身体に及ぼす影響は人によって様々ですが、場合によっては金属アレルギーによる発疹(ほっしん)が起きることがあります。

また、金属イオンが歯ぐきに沈着することによって歯と歯ぐきの境目に黒い線ができてしまうブラックラインも金属イオンの弊害の一つであり、 近年では身体への優しさにこだわったメタルフリー治療(金属を一切使わない治療)を全額自己負担であっても希望される方が非常に増えています。

※表面は白色のかぶせ物ですが、内側に金属を使用している素材なので、歯ぐきにブラックラインが生じてしまっています。

全額自己負担の審美歯科治療と保険適用範囲内の治療に関してご理解いただけたでしょうか?次節からは、当院の審美歯科治療における考えをお伝えし、 あなたに一番適した審美歯科治療は何なのかをお伝えしていきます。


補綴物の種類

※各項目をクリックすると詳しい説明を見ていただけます。

MAP 硬質レンジ前装冠ブリッジ メタルコア ブリッジ クラウン インレー 硬質レンジ前装冠 オールセラミックブリッジ ファイバーコア メタルセラミックブリッジ ゴールドインレー ハイブリッドレンジ前装冠 オールセラミック セラミックインレー

当院の審美料金表(税別)

ファイバーコア
\10,000
クラウン
ハイブリッドレジン \60,000
セラミック \100,000
ジルコニア \100,000
インレー
20K \50,000
セラミック \60,000
ジルコニア \60,000
義歯
金属 コバルトクロム \350,000
アタッチメント マグフィット \100,000
ノンクラスプ   \150,000~
インプラント
手術 \200,000~
クラウン \150,000~
ホワイトニング
ブライトニング \8,000
ホワイトニング(ホームホワイトニング) \20,000
漂白(1本)
初回 \5,000
2回目以降 \1,000
フッ素添付
\3,000
セカンドオピニオン
~30分 \10,000
以降30分毎 \10,000

ドライマウス

[ドライマウスにはどうしてなるの?]
ドライマウス自体は病気ではありません。様々な病気に起因して唾液が減り、口腔内が乾く症状を「ドライマウス」と呼びます。糖尿病や心臓疾患のほか、加齢、常用薬剤の副作用、噛む力の低下がドライマウスの原因となっていることが分かっています。唾液は口の機能の補助や、細菌から体を守ること、虫歯や歯周病から歯を守ることなどの役割を果たしており、唾液が減少すると、これらの機能も弱まるため、ドライマウスの治療は健康維持につながります。
[ドライマウスの治療]
ドライマウスの原因が糖尿病などである場合は、その病気自体を治すことが先決です。加齢などで症状を完全になくすことが難しい場合は、薬などで症状の改善を図ります。対処療法を行うことで、症状の悪化や更なる別の症状の発生を防ぐことが出来ます。口の中の乾きに気付いたら、当院へご相談ください。

ドライマウス解説

お問い合せはこちら
PageTop